春風堂 鍼灸院 - 頭 痛
RSS

最新記事

肩・首こりが招くストレートネック|春風堂鍼灸院 (福岡市 鍼灸・整体)
肩、首のこりには鍼灸整体が有効|春風堂鍼灸院 福岡市
原因不明の症状を改善する治療法|春風堂鍼灸院 福岡市
なぜ、良導絡が自律神経調整法と呼ばれるのか?
自律神経の乱れと感情・身体の関係|春風堂鍼灸院 福岡市

カテゴリー

アトピー性皮膚炎
アレルギー症状
うつ
おすすめ
お灸
カウンセリング
ぎっくり腰
ストレートネック
ストレス
ストレス解消
ストレッチ
ネッシン
パニック
ホルモンバランス
むくみ
メニエール
めまい
三叉神経痛
不妊
不妊体質
不妊治療
不妊症
不眠
中央区
体質改善
便秘
健康
健康相談
免疫力
冷え
冷え性
動悸
原因不明
夏バテ
妊活
対策
息切れ
改善
整体
更年期
更年期障害
東洋医学
根本治療
桜坂
気功
漢方薬
理学療法
生活習慣
生活習慣病
生理痛
産前産後
産前産後ケア
疲労
疲労解消
病院
痺れ
発汗
神経痛
福岡
福岡市
肩こり
腰痛
腸内環境
自律神経
自律神経の乱れ
自律神経失調症
自律神経調整法
自然治癒力
良導絡

西洋医学
逆子

鍼灸
鎮痛剤
長期服用
陰陽五行論
頭痛
頭痛薬
顔面神経痛
食養
首こり
首の痛み
骨折
検索エンジンの供給元:

マイブログ

東洋医学

自律神経の乱れと感情・身体の関係|春風堂鍼灸院 福岡市

春風堂の海部です。

先日参加しました健康セミナーで印象に残った言葉がありました。


「努力しよう、努力しようとすると心は不快になり、楽しもう楽しもうとすると心は心地よくなる。」そうです。


そこで、自律神経の「交感神経」「副交感神経」の関係に当てはめて考えてみると、

交感神経が働いている状態は努力しよう努力しようと自律神経が頑張っている状態、
副交感神経が働いている状態は楽しもう楽しもうと、自律神経がリラックスしている状態、

ではないか?と感じました。


確かに、交感神経が高ぶりすぎていると、筋肉は硬くなり、頭も興奮状態でいい結果につながらず、

交感神経、副交感神経がバランスよく働いていると筋肉はリラックスできて、頭も冷静にパフォーマンスもあがり、いい結果につながるのではないかと思います。


イチロー選手の筋肉トレーニング法は「硬く強靭な筋肉」ではなくて「しなやかな筋肉」を作るトレーニング法みたいですね。


高層ビルなどの建物の構造は地震や災害に備えて、
ガチガチに建てるのではなく遊びを持たせ、わざと揺れるような構造にするみたいです。


今回は「自律神経の乱れ」「感情と身体の関係」「おすすめの食養」を東洋医学でお話したいと思います。

現代医学と東洋医学の違い

春風堂鍼灸院の海部です。

鍼灸治療はどの様な症状に効くのか分からず、どんな症状の時に利用すればいいのか分からない方が多いのではないでしょうか。

風邪をひいたら内科、胃の調子が悪ければ胃腸科、など病気によって来院する病院は違うと思いますが、

「病気を診る現代医学」に対し、鍼灸治療は「人を診る東洋医学」であり、身体を診る視点が違います。

現代医学は解剖学や生理学などの科学的な見地から身体を診るのに対し、東洋医学は身体全体を一つの有機体として診ます。

身体に問題があれば局所的な問題なのか、身体のバランスの乱れが原因か等と総合的に病因を探ります。

病院の検査では分からない症状や不定愁訴でも、身体全体を整え、自然治癒力を高めることで改善される事が可能なのです。

総合的な視点で病気を観察し、それぞれの身体に合わせたオーダーメイド治療ができるのが東洋医学の大きな特徴と言えます。

東洋医学では自然治癒力や免疫力を高め、自律神経、ホルモンバランスを調整し、身体そのものが持っている機能が正常に働くように導きます。

それでは、なぜ東洋医学が身体の機能を正常に働かせる作用が出来るかといいますと、川の流れや川の水をイメージしてみてください。

「人間本来の力で治す」体験談

春風堂鍼灸院の海部です。

先日、広島県福山市在中の友人、土屋知紀氏が「腕が痛い!」と福岡市中央区桜坂にある当院を訪れました。

施術を受けてみた感想をレポートとして作成頂いたのが、とてもわかりやすく、とても伝わりやすいので今回ご紹介させていただきます。↓


- 2016年の6月末に事故で左腕を骨折しました。

5週間のギブス生活の後、骨折部位だけでなく、右腕と右肩にも鈍痛が続き、陰鬱な日々を過ごしていました。

そのため、ギブスを外した後は、1週間~10日に一度整体に通い、骨調整の施術を続けていますが右腕・右肩の治療は行っておらず、激痛が半年以上も続いていました。(もちろん整形外科でのレントゲン診断はしていましたが、「異常なし」です。)

ところが周囲の人は「骨折した腕が痛いのならまだ分かるが、なぜ右腕が痛いの?」といぶかしく思われていました。

そんな折、訪ねたのが春風堂鍼灸院です。

以前、一度だけ、春風堂で鍼灸を骨折後の左腕を診てもらったことがあり、その時の「痛みがスーと引く」経験が忘れられず、広島から新幹線で訪れました。

まず、海部先生からの簡単な身体チェックと問診の後、右腕と右肩の治療のために、「左足のすね」のあたりに、鍼を。さらに、背中や、足裏にお灸を。

お灸で出来ること

春風堂鍼灸院の海部です。
11月に入り、夜が更に冷え込んできましたね。

さて、皆さんは鍼灸治療に対してどの様なイメージをお持ちでしょうか?

「鍼が痛いんじゃないか?」
「お灸は熱いのを我慢しないと効かないのでは?」

など痛い、熱いといったイメージがありますが、当院では痛くない、熱いのを我慢しなくていい治療で、身体を根本から改善する治療を提供します。

また、鍼は多く使うことが効果があるというわけではなく、本当に必要な箇所に2~3本を使用する程度です。

ほとんどの方に何も感じない程の細い鍼を使用し効果を実感して頂いていますので、ご安心ください。

では、今回のタイトル「お灸に出来ること」を紹介したいと思います。

鍼もお灸も身体に点在している「つぼ」にアプローチするのですが、東洋医学では身体は気血水がスムーズに巡る事で維持されているとしてきました。

命のエネルギー「気」は身体全身にはり巡らされた経絡を通って、身体の隅々にまで流れます。

この気の流れが滞ると経絡上に異変を知らせるサインが現れます。それがツボなのです。

お灸のよさは身体の気の流れの滞りをじんわりと良くしていきます。手軽に使える温灸は座がついていて、市販もされているのでご自宅で使用できます。

グルテンを東洋医学で考える 福岡市 春風堂鍼灸院

こんにちは、春風堂鍼灸院の海部です。

皆さん「グルテン」や「グルテンフリー」という言葉を知っていますか?

グルテンとは、小麦、大麦、ライ麦などの穀物から生成されるタンパク質の一種らしく、アレルギーを持っている人もいるみたいです。

グルテンはパンやパスタ、うどん、クッキーなどに含まれています。私たちが日常でよく食べる食べ物ですね。

グルテンを摂取すると小腸が過敏に反応して消化不良になり、吐き気や痛みなどがでたり、自覚症状のない軽いアレルギーを起こすこともあります。

テニスプレイヤーのジョコビッチ選手も、四大大会で中々優勝する事ができず、小麦を摂取しなくなって優勝する事が出来たそうです。
そんなグルテンですが東洋医学から身体の影響を考えてみましょう(^^)

五行の関係で「麦」(ここでは小麦)を多く摂取しますと、肝のエネルギーが強くなりすぎて、脾のエネルギーを押さえつけてしまいます。

脾は消化吸収に関係しますので、消化吸収が弱くなったりアレルギーを起こしたりと影響を受けます。

先天的に脾のエネルギーが弱い人などは、小麦の摂取に対し身体の負担が大きいのかもしれないですね。

身体の調子がおかしいけど、原因が分からないという方は、小麦を2週間ほど控えてみると身体の調子が良くなるかもしれません。

福岡市中央区桜坂 春風堂鍼灸院


福岡市中央区桜坂の春風堂(はるかぜどう)鍼灸院の院主、海部富弘と申します。この度ブログを始めました(^^)

 お一人、お一人に合った治療を提供しまして、皆さまに健康で活き活きとした生活を送るお手伝いができる様、尽力して参りますのでよろしくお願い致します。

 当院では、身体全体のバランスを整える根本治療を得意とします。産前産後の体調の変化(逆子、腰痛、むくみ、産後うつ等)、更年期障害、不眠、疲労倦怠、月経不順、不妊症、自律神経失調症や、肩こり、腰痛、腱鞘炎などなど、お悩みの症状を解決いたします。

 お悩みの症状を根本からの治療を望んでいる方、自然治癒力や免疫力を向上させたい方、
体質改善を望んでいる方本格的な治療を受けたい方がいらっしゃいましたら、はり、お灸、ネッシン療法専門の「春風堂鍼灸院」へご相談ください。